So-net無料ブログ作成

小沢前幹事長、人事に不満ながらも当面様子見?(読売新聞)

 民主党の小沢一郎前幹事長が7日に原口総務相と会談し、「民主党にもいろんな問題点はあるが、それを乗り越えていってほしい。党と内閣をしっかり支えて頑張ってほしい」と語っていたことが分かった。

 原口氏が9日、東京都内で記者団に明らかにした。小沢氏の発言について、民主党内では、小沢氏は、菅首相による一連の内閣・党役員人事に不満を感じているものの、当面は様子見の構えを示したものとの受け止め方が出ている。

 会談は、首相が小沢氏に批判的な枝野幹事長らの起用を固めた後、都内で約30分行われたという。

 原口氏は、今回の党代表選で、小沢氏周辺から出馬を打診された経緯がある。

男性が刺され重傷 スーパーで買い物中トラブル? 大阪・西成(産経新聞)
「肉食系女子」は「恋人との時間が大事」(産経新聞)
引っとらえびせん、どうぞ=振り込め電話「お菓子いぞ」―警視庁(時事通信)
武蔵大入試でミス、追加合格者におわび20万円(読売新聞)
<水の事故>女児救おうと41歳女性死亡…千葉・九十九里浜(毎日新聞)

鳩山首相「社民党に協力のお願い、これからも」(読売新聞)

 【済州島(韓国)=東武雄】鳩山首相は29日、消費者相を罷免された社民党の福島党首が連立政権からの離脱は不可避との認識を示したことについて、「これからも連立の中でしっかりと協力をしながら、自民党政権時代では決してできなかったような仕事をやらせていただきたい。社民党に対する協力のお願いはこれからもしたい」と述べ、連立維持を呼びかけていく考えを示した。

 訪問中の韓国・済州島で記者団に答えた。

 同時に、首相は「社民党がどのように判断するかは、30日の全国幹事長会議を待たなければならない。これからも一緒にできればありがたいが、政権は政権としての仕事をこなしていく」と述べ、社民党が連立離脱した場合も首相として政権を維持する考えを強調した。

ツイッターが「つぶやき広告」禁止 日本の広告代理店も困惑(J-CASTニュース)
<風営法施行令>改正案公表 「類似ラブホテル」など規制へ(毎日新聞)
2歳児が1日40本喫煙…インドネシアで波紋(スポーツ報知)
老齢加算廃止、二審も合憲=生活保護受給者の控訴棄却―東京高裁(時事通信)
柔道初段女子高生、ナイフ男の手つかみ説得一本(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。